オーバーホールは丁寧な作業!ロレックスの腕時計を正常に使うために

婦人

もったいないとおもったら

昔の恋人からもらったアクセサリーを捨てるのは勿体ないと感じたら、ジュエリーリフォームを利用してみてはいかがですか。前の形状とは全く違うデザインにしてくれるので、未練たらたらに見られにくいです。

装飾品

思い出の品をいつまでも

昔、買った指輪をつけようと思っても、デザインが古くて今の服と合わせにくいと感じたら、ジュエリーリフォームを専門業者に依頼してみませんか。今風のデザインにしてくれるので服と合わせやすくなります。

もっと読む

アクセサリー

金属部分によっても変動

ジュエリーリフォームは、新しいデザインのものにできるサービスですがどれくらいの金額でできるのか気になりますか。大抵はデザイン費用と加工費用の合計ですが、指輪のデザインによっては費用が変動します。

もっと読む

長い作業の裏側

腕時計

世界的にも人気のある高品質なブランドのロレックス腕時計を購入しているなら、オーバーホールをする機会がたびたびあります。どんな腕時計でも、劣化にはかないません。いつまでも良いものを持ち続けたいと思ったら、定期的に手入れをするために専門の業者へオーバーホールを依頼することを考慮したほうがいいです。しかし、大半の人はロレックスのオーバーホールは、「長くて1週間ほどで済むだろう。」と思ってしまいます。しかし、そこまで早く済ませるところはありません。業者によっては早くて、3週間ほどはかかります。長くて1か月以上の期間を有する場合もあります。もし、重要なイベントに参加する際に、ロレックスの腕時計を装着する予定があるなら、オーバーホールをイベントの1か月前までには依頼したほうがいいです。

ロレックスのオーバーホールは、なぜ1か月ほどの期間を有するのかには理由があります。それは、状態確認から、洗浄に修理と点検に至るまであらゆる工程を行なうからです。専門店にロレックスの腕時計を引き渡した後は、状態異常は起こしていないかを入念にチェックします。単純に外見だけをチェックするだけではありません。丁寧に分解をして、部品の劣化度合いをチェックします。部品の劣化や破損が確認されたら、入念な洗浄と分解修理にケーシングという作業を行ないます。しかも、ただの洗浄や分解修理ではありません。高品質なロレックスの時計を再び使えるようにするために、専門の職人が細かな部品を1つ1つ丁寧に洗浄するのです。また、劣化部品は新しいものと交換して必要な量の油をさし、調整と点検をします。非常に微細な部品を一つ一つ丁寧に扱う作業であるので、熟練の職人であっても長い時間を有してしまいます。そのため、引き渡しに至るまで1か月ほどの期間を設けています。元の持ち主が、もう一度質の高い時計を身につけてもらうために、じっくりとオーバーホールをしてくれるのは確かといえるでしょう。長い期間を有して作業をするロレックスのオーバーホールは、再び高品質な状態で使えるようにするには欠かせないものです。愛用していたものを再び正常に使えるようにするために、首を長くして待ってみるのも一興です。